S__127123493

illustrated by @peg_tokyo

唯一無二のエンターテイナー。新たな価値を生み出し続ける三浦大知

「和製マイケル・ジャクソン」と称され、ハイレベルなダンスと歌唱力で世間にインパクトを与えた三浦大知。作詞・作曲に振り付け、ライブ演出と新たな挑戦を続けるいま大注目のエンターテイナーだ。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

三浦大知さん(@daichimiura824)がシェアした投稿

生粋のエンターテイナー、三浦大知

1987年8月24日生まれ、沖縄県出身。 Folder のメインボーカルとして1997年にデビュー。 2005年3月にシングル「Keep It Goin' On」でソロ・デビュー。

幼少期から高い歌唱力と大人顔負けのダンススキルを発揮し、圧倒的な存在感を放っていた三浦大知。

変声期による活動休止を経て、17歳でソロデビューを果たす。休業中はダンスレッスンに励み、復帰を見据えて自身のスキルを高め続けたという。

2012年、Youtubeの公式チャンネルにアップされた「Right Now」のダンスリハーサル動画が話題となった。「揃いすぎてる」「超絶ダンス」などと称賛され、ハイレベルなパフォーマンスが認知されるきっかけとなった。

2017年には『仮面ライダーエグゼイド』の主題歌となった楽曲「EXCITE」で自身初のオリコン週間シングルチャート1位を獲得。

2019年には、天皇陛下在位30年式典で歌声を披露したことでも注目を集めた。

ハイレベルな歌とダンス、そして作詞作曲や演出なども手がけるスタイルから、「和製マイケル・ジャクソン」と称されることも多い。

また《A-Studio》に出演した際には、司会の笑福亭鶴瓶が「日本でグラミー賞に一番近い人」とコメントしたり、ブルーノ・マーズのプロデューサー陣がパフォーマンスを絶賛したりと、国内外から高く評価されている。



圧倒的なダンスパフォーマンス

三浦大知の魅力といえば、なんといってもそのハイレベルすぎるダンスだろう。世界で活躍するトップレベルのダンサーたちも絶賛するそのパフォーマンスは、観るものを圧倒し一気に引き込む。

誇張しすぎることのない洗練された動きと、目を離せなくなる絶妙な緩急。そしてバックダンサーとの完璧なシンクロが生み出す一体感は、ずっと見ていたくなってしまうほどに私たちを魅了する。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

三浦大知さん(@daichimiura824)がシェアした投稿

また彼のダンスの魅力の一つが、歌詞に合わせた振り付けだ。自身で作詞や振り付けをすることが多いからこそ、曲の一部としてのダンスを創造できるのだろう。ストーリー性のある振り付けにも注目だ。

心を掴む、伸びやかな歌声

アップテンポなダンスナンバーから、しっとりときかせる切ないバラード。多様な表現の幅を持つ三浦大知のパフォーマンスに欠かせないもう一つの要素が、類まれな歌唱力だ。

バラードでの伸びやかな歌声は、空間を満たすような深みと、胸をぎゅっと掴む温かみを感じさせる。一方、激しく踊って盛り上がるダンスチューンでは、力強くエネルギッシュな歌声で圧倒する。

そんな多彩な彼の歌声は、聴けば聴くほど魅力を増す中毒性を持つ。一度心を掴まれたら、虜になってしまうだろう。

 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

三浦大知さん(@daichimiura824)がシェアした投稿

現状に満足せず、挑み続ける姿勢

彼が目指すのは、誰かの真似ではなく「オリジナル」になること。自身のアーティストブック『show time!』の中でも、こう語っている。

三浦大知がオリジナルな存在になっていくためには、もうジャンルとかは関係ないし、何かに追随してる場合じゃない。-『The Entertainer』

この言葉通り、三浦大知は常に変化し続け、新たな価値を生み出す。まさに「エンターテイナー」という言葉がふさわしいだろう。

また、幼い頃からマイケル・ジャクソンに憧れ、今では《和製マイケル》と称される彼だが、「マイケルの真似はしない」と話すことも多い。

「マイケルがオリジナルなところに憧れた。だから真似をするのではなく、彼が登ったのとは違う山に登って、同じくらいの高みにいきたい」という。

こうした発言からも、“オリジナル” を目指す三浦大知なりの信念と覚悟がうかがえる。

作詞、作曲、振り付け、ライブ演出。壁を作らず、限界を決めず、自身のエンターテイメントの質を追求し続けているからこそ、“なんでも” やる。その姿勢から生み出される彼のパフォーマンスはいつも私たちを魅了し、虜にするのだ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

三浦大知さん(@daichimiura824)がシェアした投稿

また、常に謙虚で真面目な性格も彼が人を惹きつける理由のひとつだ。

まっすぐと前を見据えひたむきに努力する姿勢と、周囲の人間やファンを大切にする謙虚な優しさ。そして内に秘めた熱い想いこそが、彼の最大の魅力かもしれない。

必見パフォーマンス【編集部のおすすめ】

多彩な魅力を持ち合わせる “エンターテイナー” 、三浦大知。そんな彼の魅力に触れることのできる楽曲を、編集部が厳選してご紹介。

(RE)PLAY

2016年にリリース。
トップクラスのダンサーたちと共演したMVは、日本だけでなく世界中で話題となった。「何度もREPLAYしたくなる」というコンセプトの通り、一度では見切れない豪華で盛りだくさんな構成になっている。

Listen To My Heartbeat

2013年にリリース、4thアルバム”The Entertainer”に収録。
ピアノがメインのシンプルなバラードで、伸びやかでほのかに甘い歌声が映える楽曲になっている。

「 “静” に振り切った」と本人も語っており、ダンスだけではない三浦大知の魅力を感じることができる。

Lullaby

2010年にリリース。
しっとりとしたバラードながら椅子を使ったダンスが目を引く、まさに三浦大知の魅力が詰まった一曲。

Delete My Memories

2009年リリース。
MVに登場する5人のダンサーはすべて三浦大知本人。撮影には16時間を要したという。

切なげな歌声とハイレベルなダンスの作り出す世界観は必見。

常にレベルの高いエンターテイメントを追求し、世の中にインパクトを与え続ける三浦大知。そんな彼が次に生み出すものは一体なんなのか。唯一無二の価値を確立し、これからも私たちを魅了し続けるだろう。



Share

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

You may also like...